登山用ウインドブレーカー(ウインドシェル)の必要性とおすすめをご紹介!

今回は、登山でのレイヤリングに使うウインドブレーカーの必要性についてご紹介します。

その後、私が選んだおすすめのウインドブレーカーをご紹介します。

Sponsored Link


登山でのウインドブレーカーの必要性は?

ウインドブレーカーまたはウインドシェルとは、主に風から身を守ってくれるウェアです。

風は風速1メートル上がるごとに体感気温が1℃下がると言われており、直接体を風にさらさないようにすることは登山では重要になってきます。

また風に直接当たることによって汗冷えが起こり体感気温は更に下がってしまうため風はなるべく避けたいところです。

レインウェアでも風から身を守れますが、主な違いとしてはウインドブレーカーは撥水性があり動きやすく浸透性に優れている点です。

防水性ではなく撥水性のため小雨程度なら対応可能で、生地にストレッチ性のある生地が使われているなどレインウェアよりも動きやすい作りになっています。

また浸透性もレインウェアよりも優れているので蒸れにくいです。

そのため風が強い稜線や尾根道などを長時間歩く時にはレインウェアよりも動きやすく蒸れにくいウインドブレーカーを着ることをおすすめします。

軽量でコンパクトな製品が多いため持って行ってもそんなに嵩張ることもないため可能であれば持って行った方が良いでしょう。

Sponsored Link


登山におすすめのウインドブレーカー(ウインドシェル)のご紹介!

ここからは私が選んだおすすめのウインドブレーカー(ウインドシェル)をご紹介です。

風から身を守るためにウインドブレーカーを揃えてレイヤリングしましょう!

画像が商品リンクとなっているため気になる商品があれば画像をクリックして見てみてください。

MAMMUT(マムート)Ultimate Light SO Hooded Jacket

MAMMUT(マムート)のUltimate Light SO Hooded Jacketです。

生地にはゴアテックスウインドストッパーが使われており風を完全にシャットアウトしてくれます。

また伸縮可能な生地のため、とても動きやすく登山に最適のウェアです。

DWR撥水加工がされており小雨程度ならレインウェアを着なくても対応可能です。

デザインもおしゃれでカッコいいためおすすめの防風シェルです。

ARC’TERYX(アークテリクス)ATOM SL HOODY

ARC’TERYX(アークテリクス)のATOM SL HOODYです。

風を適度にシャットアウトしてくれるだけでなく保温機能も追加されているウェアです。

浸透性、伸縮性もありとても使いやすいのが特徴です。

また重量は260gととても軽量なため持ち運びもしやすくなっています。

とても使いやすくデザインもカッコいいのでおすすめのウェアです。

mont-bell(モンベル)ウインドブラストパーカー

mont-bell(モンベル)のウインドブラストパーカーです。

特徴は価格が安い点です。

性能については防風性があり軽量コンパクトで必要最低限の機能を備えています。

また脇にはベンチレーションが付いているため温度調節も可能です。

価格をなるべく押さえたい方向けのウェアです。

patagonia(パタゴニア)フーディニ ジャケット

patagonia(パタゴニア)のフーディニ ジャケットです。

特徴は、重量が130gと超軽量なところです。

軽量ですが防風性はしっかりとあり色々なアクティビティに使用することが出来ます。

また耐摩耗性も高いため薄いですが擦れにくい生地になっています。

軽量コンパクトなため登山におすすめのウェアです。

Arc’teryx(アークテリクス) ソラノ ジャケット

Arc’teryx(アークテリクス) ソラノ ジャケットです。

生地にはゴアテックスのウインドストッパーが使われており耐風性、浸透性については問題ありません。

また適度な保温機能があり暖かいのが特徴です。

伸縮性もあり動きやすいので登山などのアクティビティにおすすめのウェアです。

Sponsored Link