今回は、Arc’teryx(アークテリクス)のマカ1ウエストパックのご紹介です。

機能性にサイズ感、どちらもちょうどよく纏まっているバックです。

ちょっとしたお出かけから登山でのサブザックとしても使えますよ!おすすめです。

Sponsored Link


マカ1ウエストパックレビュー

マカ1ウエストパック

アークテリクスのバック「マカ1ウエストパック」です。

重さ約140gでサイズは、約「上(W)22cm,下(W)17cm×(D)5cm×(H)16.5」と軽量コンパクトなバックです。

ベルトを調整する事で、ウエストバックとしてもショルダーバックとしても使うことができるので使う場面によって使い方を変えれる優れもものバックになっています。

全てのジッパーには、ジッパータブが付いており手袋をしていても開けやすくなっています。

ジッパーの動きは若干かためでした。

生地もそうですが止水ジッパーではないため、雨の中で使うのには適さないかもしれません。

まずは収納性能の確認

マカ1パック収納

こちらがメインポケットです。

両開きのジッパーになっているので左右のどちらからでも開ける事が出来ます。

収納スペースについては写真では財布が1つ入っていますが、まだまだ余裕のスペースがあります。

奥行きも意外とあるので詰め込めば結構入ります。

中には、1つ仕切りがあるので、中身をまとめやすいです。

ちなみに洗濯タグはこの中に縫い付けられています。

あまり洗うことはないとは思いますが、必要があれば中を確認して下さい。

マカ1パック収納2

そしてメインポケットの中には、もう一つチャック付きの収納があります。

それほど大きくはないためスマフォなどは入りません。

用途としては、予備のお金やチケットなど貴重品を入れるために使用出来ます。

マカ1パック収納3

バックの外側のチャック付き収納です。

サイズ的にはポケットティッシュを2個、入れるのにちょうど良いサイズ感です。

写真では見にくいですが中に、セキュリティワイヤーがあるので鍵を収納しても良いですね。

Sponsored Link


マカ1パックスマフォ収納

外側にはもう一つ収納があります。

バックのクッション側にスマートフォンを入れれるポケットが付いています。

写真ではiphone8を入れていますがひと回り大きいiphoneXも収納出来ました。

サッと取り出してサッとしまえるのでとっても便利です!

若干かえしの様なものもが付いているので、そこにひっかかり逆さにしても直ぐには中身が落ちてこない様になっています。

コンパクトなバックながらも収納が多くあり便利に使えます。

背面はこんな感じ

maka1背面

バックの背面です。

メッシュパットになっており蒸れにくく、長時間の使用でも快適に使用できる様になっています。

手触りもさらさらしており気持ちが良いです。

あとベルトとの接合部分ですが、しっかりと縫い付けられており丈夫そうな印象です。

登山でも便利に使えます

maka1登山

このマカ1ウエストパックですが、街でも十分に使えますが登山でも便利に使えます。

使ってみて一番良いと感じた所として、歩いてもバックがバタつかない点です。

歩くたびにバタつくと気になりますし、歩行の邪魔ですがそれがありません。

その辺りは、さすがアークテリクス!と感心しました。

そしてマカ1ウエストパックを身につけた状態で、ザックを背負ってみましたが特に干渉せず使えます。

登山の最中にすぐに取り出して使いたい物を入れるサブザックとしても十分に使えます。

サイズ感もちょうど良いです。

まとめ

収納性といい機能性といいとても優れたバックです。

デザインについても、シンプルで正面にあるアークテリクスのロゴがかっこいいです!

カラーは、全5種類あり自分好みの色をチョイスできます。

そして価格も5千円切るくらいの価格帯で手に入るのでとてもリーズナブルなアイテムだと思います。

登山でも街でも使えるおすすめ出来るバックです!!

〜登山関連記事〜
こちらの記事では、登山用のレイングローブを紹介しています。
雨の日でも快適登山をするためには必須のアイテムです。
もし良かったらこちらも一緒にご覧ください。

Sponsored Link