登山だけじゃありません!災害時にも役立つ・使える登山グッツをご紹介!!

登山グッツが役立つのは山登りの時だけではありません。

災害が起きて避難をする時にも役立ちます。

今回は、そんな災害時にも役立つ使える登山グッツをご紹介していきます。

Sponsored Link


あなたは備えていますか!?

saigai
地震に台風、ゲリラ豪雨と日本には数多くの災害がやってきます。

こうした災害が来るとライフラインが寸断され日々の生活さえままならない状態となってしまいます。

しかし事前にしっかりと備えておく事で少しでも快適に生活ができたり、生き残る事が出来るのです。

そして、そんな時に役に立つのが登山グッツです。

登山グッツは、軽量、コンパクトで丈夫なうえ厳しい自然の中でも生きていけるノウハウが詰まっています。

例えば避難用袋を登山用のザックにする事で背負いやすいですし移動時の負荷も和らぎます。それに丈夫です。

普段の生活に必要のないものだと何だかお金をかけたくないし後回しになってしまいがちですが、登山道具と兼用であれば揃えや水ですね。

シチュエーション別に役立つ使える登山グッツをご紹介

hinan
ここからはシュチュエーション別に役立つ登山グッツをご紹介していきます。

  • 停電時などの電気が使えない場合
  • 電気が使えない場合は、明かりを灯す手段が必要となります。
    夜、暗い中では移動もできませんし避難する事さえ難しいです。
    そんな時に役に立つのは登山でも必須のアイテム、ヘッドライトです。
    両手がフリーになるので移動の妨げになりません。

    おすすめヘッドライト▼

    ブラックダイヤモンドのリボルトです。
    夜間の移動には十分の明るさ(300ルーメン)のスペックを持っておりライトとしては十分な機能を持っています。
    またIPX8の防水レベルを持っているので雨の中での使用も問題ありません。
    電源はUSBによる充電か電池と2種類選べる点も良いですね。

     
    ヘッドライトもスマートフォンも充電しないと使えなくなってしまいます。
    そんな時に便利なのが太陽光による充電です。
    登山での電子デバイスはよく使うので軽量・コンパクトなものをご紹介します。

    おすすめソーラー充電▼

    ソーラーペーパーです。
    おすすめポイントは拡張ができる点です。
    最大パネル6枚(15W)まで拡張可能です。
    登山では重たいので2枚で使用し災害などの非常時はフルの6枚での使用するなど使い分けが出来ます。
    ※バッテリーは搭載していません。蓄電はモバイルバッテリーを使います。

 
どうでしたでしょうか。

災害時にも使えるアイテム6点のご紹介でした。

備えあれば憂いなしです。

心配は無くなりませんが軽減することは可能です。

日常から備えておく事が大切ですね。

Sponsored Link