雪山登山でのストック(トレッキングポール)の使い方と選び方について!おすすめもご紹介!

今回は雪山登山でのストックの使い方と選び方についてご紹介していきます。

雪山登山ではストックの使い方が意外と大切だったりします。

最後におすすめもご紹介しています。

Sponsored Link


雪山登山でストック(トレッキングポール)って必要!?使い方は?

トレッキングポール トレイル

ブラックダイヤモンド トレイル

夏山とは違い雪山はより体力を必要とします。

冬用登山靴は重いしそこにアイゼンやスノーシューなどを装着すると更に重くなり足への負担が大きくなります。

更に雪が新雪で積もると雪をかき分けて行くことになるので負担増です。

そのため夏と比べ同じ距離の行動でも行動時間が長くなり体への負担も大きくなります。

そこで少しでも負荷軽減をするために必要になってくるのがストックです。

また負荷軽減の他に歩行バランスの補助としての役割もあります。

hardshell ストックの使い方は!?

谷川岳

雪山でのバランス保持はピッケルで!っというイメージがありますが実際はそうではありません。

一般的な登山道を行く場合は大抵ピッケルを持って登るよりストックで登ったほうがバランスも取れますし楽です。

なので急な斜面を行く場合、ピッケルとストックの併用がおすすめです。

片手にピッケルを持ちもう片方の手でストックを持って登ります。

ピッケルだけで登るよりも全然楽なのでおすすめです。

例えば千畳敷カールからの直登や伊吹山の5合目辺りからの直登などは私はこのやり方で登っています。

ただ雪面が氷のようにカチカチの場合はストックでは役に立たないので使わないようにしましょう。

あと基本ですがスノーバスケットを装着し雪面を点ではなく面でとらえるようにしましょう。

スノーバスケットを装着していないと雪面に深く刺さってしまい逆に歩きにくいです。

また石突きの保護キャップですがキャップがあると氷には引っかからないためポールがツルツル滑って危ないので外すようにしましょう。

体重がかかった時にポールが滑ると転倒などの恐れがあります。

Sponsored Link


ストック(トレッキングポール)の選び方について

選び方
ストックはスノーバケットが付ければ夏山で使用しているもので基本、問題ありません。

選び方のポイントをご紹介していきます。

  • 形状がT型よりI型がおすすめ
  • 急な斜面ではI型の方が力を入れやすく扱いやすいです。

  • 素材はアルミがおすすめ
  • アルミの方が安価で折れにくいです。
    カーボンもありますが軽いというメリットがありますが一点に衝撃が加わると折れやすいというデメリットがあります。

  • ロックタイプはレバータイプがおすすめ
  • 主にレバーロックタイプとスクリューロックタイプがありますがレバータイプがおすすめです。
    構造が単純で素早く長さが調整できるからです。
    以前スクリュータイプを使ってましたが山行の途中でロックできなくなってしまった事があり構造がさらに単純なレバータイプに変えました。

ストック(トレッキングポール)の持ち運びについて

ストックの持ち運びについてです。

ストックの石突きは尖っており危ないです。

そのため移動中やロープウェイなどの乗り物に乗っている際はストックを手で持つかザックに付ける場合は石突きを下にして保護キャップなどでカバーをするようにしましょう。

ザックに装着しているとストックの存在を忘れてしまったりして振り向いた際にザックが振られて人に当たったりすることがあります。

ケガをさせてトラブルになるとせっかくの楽しい登山が台無しになってしまいます。

そうならないためにも注意して持ち運びましょう。

雪山登山でおすすめのストック(トレッキングポール)をご紹介!

ここからは私が選んだおすすめのストックをご紹介です。

ストックを持って快適な雪山登山に出かけましょう!

画像又は各ショップアイコンから商品ページに飛ぶことが出来るため気になる商品があれば画像又はショップアイコンをクリックして見てみてください。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)TRAIL

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のトレイルです。

私も愛用しているストックです。

素材はアルミが使われておりロックタイプはレバータイプになっています。

スノーバケットも付いており安価で扱いやしおすすめのアイテムです。

LEKI(レキ)SPD2ソフトライト DSS

LEKI(レキ)のSPD2ソフトライト DSSです。

個人的に今いちばん気になっているストックです。

SPD2(スピードロック2)システムを持っておりロックする際にシャフトの一部だけでなく全体を締めるので負荷が分散され歪みにくく固定力が強くなっています。

気になる機能としてはDDS(ダイナミックサスペンションシステム)があります。

ポールを突いた時の衝撃を最大時で40%も吸収してくれます。

腕の疲労軽減にも繋がりそうです。

価格も比較的お手頃価格でとてもコストパフォーマンスが優れたアイテムです。
※こちらの商品にはスノーバスケットが付属しないので下で紹介している物も一緒に購入する必要があります。

▽ LEKI(レキ)ツアリングバスケット

雪面に必要以上に潜らないようにする為に使います。

雪山で使う場合はほぼ必須です。

ポールバック

ストックを収納するバックです。

山にいる間はバック不要ですが下山後はバックに収納する事で安全に持ち運ぶ事ができます。

特に公共交通機関で移動する際は必須です。

Sponsored Link