雪山登山でのグローブ(手袋)の重要性と選び方についてご紹介

今回は雪山登山で使うグローブの重要性と選び方について色々とご紹介していきたいと思います。

小物アイテムですが雪山登山では夏以上に重要なアイテムですのでちゃんと選んでいく必要があります。

そして最後に私がおすすめする雪山用のグローブをご紹介していきます。

Sponsored Link


雪山でのグローブ(手袋)の重要性について!

雪山グローブ
グローブというと小物アイテムですが雪山登山ではかなり重要なアイテムとなってきます。

アイゼンの脱着、ピッケルの操作や行動食を食べる時にも手を使います。

街中でも真冬に風にさらされていると手がかじかんで動きが鈍くなり細かな動きが出来なくなることがあります。

街中であれば暖房が効いた建物に避難すれば良いですが山の中ではそうはいきません。

山の中で冷えてしまった手を温めるのはとても大変なのです。

そして最悪は凍傷になってしまう危険もあります。

もし手が凍傷になってしまうと行動に制限が出てしまうためその場から動けなくなってしまう事もあるのです。

そういった事にならないために雪山では常にグローブを着けて素手にならない事が重要となってきます。

グローブを着けてると動き辛いという理由でアイゼンの脱着やザックから何かを取り出す時に素手になっている人がいますが、なるべくグローブを着けた状態でも出来るように練習しておく事をおすすめします。

天候が良ければ素手になっても問題になることはあまりありません。

ただ冬山は天候が変わりやすいため突然、風が強くなって来たり雪が舞って来たりする事があります。

天候が悪化している中で素手で作業を行うと凍傷のリスクが上がってしまうためグローブを外さなくても大丈夫なように慣れておくことが必要なのです。

雪山グローブ(手袋)の選び方について

select
雪山用のグローブにも色々な種類があるため、まずはどんなタイプの物があるか紹介していきます。

grove 5本指タイプのグローブ(手袋)

MAMMUT(マムート) Expert Tour Glove Men(エキスパートツアーグローブ メン)

一般的によく使われている5本指タイプです。

特徴としてはすべての指が独立しているため指を動かしやすく操作性が良いことです。

そのため細かな動作もしやすいため行動用には適したタイプです。

最低1つはこのタイプのグローブを持っていきます。

grove ミトンタイプのグローブ(手袋)


親指とそれ以外の指で別れたタイプのグローブです。

特徴としては指が個別に別れていないため保温性が高くなっています。

ただ見てわかる通り親指とそれ以外の指と合わせて2本しかないため細かな操作には不向きです。

それを補うために更に人差し指も独立した3本指タイプのミトンもあります。

これであれば保温性は若干落ちますが操作性はかなり向上します。

このミトンタイプは、停滞時やピッケルなどのギア操作をしない時向けのグローブです。

ポイント▼

●5本指タイプと2本又は3本指タイプがある
●5本指タイプは操作性が良いので行動用向け
●ミトンタイプは保温性が良いが操作性は悪いので停滞時又はギア操作をしない時向け
●3本指タイプのミトンであれば慣れれば多少のギア操作は可能

Sponsored Link


続いてはグローブの構造についてご紹介していきます。

grove 一体型タイプのグローブ(手袋)


一体型のタイプのグローブは、外側の防風・防水のシェルと内側の保温材が一体になったタイプです。

一体になっているため中でズレにくく、ゴワゴアしにくい特徴があります。

そのため細かな操作はこちらのタイプの方が向いています。

デメリットとしては外のシェルと内側の保温材が分離できないため濡れてしまった時に乾かすのに時間がかかります。

また温度調節も難しいです。

grove セパレートタイプのグローブ(手袋)


セパレートタイプのグローブは外側の防風・防水のシェルと内側の保温用のインナーと分離したタイプです。

シェルとインナーを分離することができるため温度調整がしやすく、濡れても乾かしやすいです。

またインナーを変えることで保温力を高める事も下げる事も可能な点も良いですね。

デメリットとしては外と内と一体になっていないため、ゴワゴワしてしまったりズレやすいため細かな操作がしにくいです。

ポイント▼

●一体型のタイプは操作性重視
●セパレートタイプは温度調整が可能
●一体型は濡れると乾き辛い
●セパレートタイプは乾かしやすい

grove グローブ(手袋)の選び方について

まずはグローブのサイズ についてです。

装着すると指先がグローブの先についてしまったり、キツく感じるようならもうワンサイズ大きめを選びましょう。

この状態だといくら良い保温材が入っていても、小さいと血行が悪くなり冷えの原因になります。

そして指先は少し空いていた方がそこに暖かい空気の層ができるためより暖かくなります。

次は雪山登山に持っていくグローブの数(種類)です。

役割別に考えると分かりやすいです。

<<持っていくグローブ>>
 → セパレートタイプ(シェルとインナー)、一体型タイプ、インナーグローブ、ラッセル用グローブ
◆登山口から森林限界まで:インナーグローブ又はラッセル用グローブ
◆森林限界より上:セパレートタイプ(メイン)、一体型グローブ(予備)

私の場合は、4つのグローブを持っていき使い分けています。

森林限界より下は風もあまりなくラッセルなどをすると汗をかきやすいため濡れる可能性が高いため必ず使い分けます。

森林限界より上に行くと風も強くなり気温も低くなるため必ずドライの状態のグローブを使うようにしています。

濡れていると冷えが伝わりやすく凍傷のリスクがあるためです。

そして風などで紛失してしまった場合も想定して1個は予備を持って行ってます。

このように役割に応じて適切なグローブを選ぶ必要があります。

最後にあると便利な機能としてスマフォ対応のものがあります。

今はスマフォでカメラを撮ったり地図アプリを使用したりと登山で使う機会が増えています。

雪山で素手になるのは危険なためスマフォ対応のグローブにして素手にならずに使えるようにしましょう!

雪山登山用のおすすめグローブ(手袋)のご紹介!

ここからは私が選んだおすすめの雪山グローブ(手袋)をご紹介です。

しっかり準備して雪山登山に行きましょう!

画像又は各ショップアイコンから商品ページに飛ぶことが出来るため気になる商品があれば画像又はショップアイコンをクリックして見てみてください。

ARC’TERYX(アークテリクス)アルファARグローブ


ARC’TERYX(アークテリクス)のアルファARグローブです。

5本指タイプの一体型グローブです。

保温材にプリマロフトが使われておりとても保温力が高いのが特徴です。

それに加えて手の平や指先にはグリップ力が高く、耐久性が高いレザーが使用されており操作性も高くなっています。

またゴアテックスが使われており完全防水仕様になっています。

雪山登山に適したモデルです。

MILLET(ミレー)ロング3in1 ドライエッジグローブ


MILLET(ミレー)のロング3in1 ドライエッジグローブです。

5本指タイプのセパレートタイプのグローブです。

シェルの素材には防水浸透素材であるドライエッジと保温材であるプリマロフトが使われています。

インナーには暖かいフリースグローブが付いています。

カフは長めで手首まで保護することが可能です。

温度調整もしやすく使いやすいグローブです。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)ガイドフィンガー


Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のガイドフィンガーです。

ミトンタイプの3本指グローブです。

ミトンの保温性に3本指になったことで操作性も良くなっています。

保温性能が高く温度域が最大で-31℃まで対応しています。

またゴートレザーが使われており耐久性が高いのも特徴です。

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)バイオセンサーライナーズ


OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ)のバイオセンサーライナーズです。

メリノウールが使われたインナーグローブです。

ウールですが肌触りも良く調温機能が高いのが特徴です。

またスマフォ対応しているためグローブは外さなくてもタッチ操作が可能です。

SHOWA 防寒テムレス


SHOWAの防寒テムレスです。

登山用の製品ではありませんが防水性能と保温性もあり価格もリーズナブルなため汗をかきやすいラッセルや雪洞を掘る作業などにおすすめです。

特殊樹脂でコーティングされており滑り止め効果も高いです。

Sponsored Link