登山届(登山計画書)とは?遭難しないためにも提出しましょう!

皆さんは登山をするときにはちゃんと登山届を書いて提出していますか?

遭難しないため、万が一してしまっても一秒でも早く救助してもらうためには必須のものになります。

今回はそんな登山届についてご紹介していきます。

Sponsored Link


そもそも登山届(登山計画書)とは?

登山届とは一言でいうと「私はこの山に登ります!」っという届けです。

これを提出することで自分以外の人があなたがこの山にいつからいつまで入山しているということを調べられるようになります。

そうすることで万が一遭難してしまった場合でも救助がされやすくなります。

また登山届を書くということは自分が登るルート、山を明確化し無理があるのかないのかが分かるため、行き当たりばったりになりにくく遭難しにくくなります。

記載する情報▼

・登山者の情報(氏名、性別、年齢、住所、携帯電話番号、緊急連作先)
・日程(入山日、下山日)
・行程(どこの登山口からスタートしてどこを経由してどこに下山するのか書く)
・宿泊場所(日帰りでない場合はどこに宿泊するかも書く)
・エスケープルートの有無(非常時はどのようなルート・行動をするか書く)
・装備(何日分の食料があるのか、ツェルトやコンロの有無など、 装備の色などが書いてあると尚良)
こちらで「長野県登山計画書」の様式をダウンロードできます。

提出の方法は?おすすめの方法は?

提出の方法は複数ありますが一般的なのが紙に書いた物を登山口にある登山届ポストに提出する方法です。

他にもその山を管轄する警察署に提出したり電話、FAXなどもありますがあまりその方法は使われていません。

メジャーな山であれば大体登山口に用紙とポストが設置されているため事前に作成して持っていくか現地で記入して提出することが出来ます。

ただマイナーな山だったりするとポスト自体が設置されてなく提出できない場合もあります。

そんな時におすすめなのはインターネットから提出する方法です。

この方法であれば現地で提出できずに困ることもありませんし、現地で時間をかけて書く必要もないので直ぐに行動することが出来るようになります。

Sponsored Link


登山届の提出はコンパスがおすすめ!

Compass

このサイト「 Compass 」ならオンラインで登山届を提出できます。

私も使用していますが使い方も簡単でおすすめです。

紙だと字が人によっては読みにくかったり水に濡れて読めなくなってしまう場合があるためオンラインをオススメします。

またサイトはSSLで暗号化されて送信されるためセキュリティに関しても安心なのもポイントですね。

おすすめポイント▼

●登山届を家族や友人と共有できる
 共有することで何処にどのくらいの期間行っているのか分かります。
●スマフォアプリで自分の現在地が分かる
 事前に地図をスマフォにダウンロードしておけば電波が届かなくてもGPSの機能を使い自分の位置が分かる。
●警察や自治体とも連携している
 万が一遭難してしまった場合は提出したオンライン届の情報を利用し捜索。また同日の同ルートを利用したユーザが分かるので捜索の手掛かりになる。
●基本無料で使える!
 便利な機能満載なのに無料で利用可能。便利な有料オプションもあり。

他にもおすすめポイントは沢山ありますが紹介しきれないのでまずは自分で使ってみよう!

まとめ

これまでに紹介してきた紙で出す方法でもオンライン届でも良いので必ず提出してから登山するようにしましょう。

自治体によっては提出を義務化しているところがあり、罰則がある場合がありますので注意が必要です。

無計画な登山は止めてしっかりと事前に山行計画を立てて登山に行くようにしましょう!!

こちらでは「登山での遭難対策」を紹介しています。もし良かったら一緒にご覧ください。

Sponsored Link