登山中に滑落、道迷いなどで遭難しないために注意したいことをご紹介

今回は登山での滑落や道迷いなどで遭難しないためにどんなことを注意して登山すればよいか初心者の方向けにご紹介していきます。

その後、遭難対策などの便利アイテムをご紹介します。

Sponsored Link


道迷いしないようにするにはどうしたらいいの?

登山

山岳遭難の割合の中で約38%と一番多い道迷いについてご紹介していきます。

道迷いとは読んで字のごとく登山道から外れてしまい道が分からなくなってしまうことです。

良くあるのが踏み跡を辿ってったら段々と踏み跡もなくなり進むべき方向が分からなくなってしまったり間違えて獣道を進んでしまい今何処にいるのか分からなくなってしまうパターンがあります。

こういったことにならないために注意したいポイントをご紹介します。

まずは地図を小まめに見ることです。

道に迷ってから地図をみても自分の現在地を把握するのはかなり難しくなります。

そうならないためにも進んでいる方向と小まめに地図を確認し分岐や道標などのポイントで地図を見て記録するようにしましょう。

そうすることで最後に確認したポイントからどの方向にどのくらい進んだのか分かりやすくなり大体の場所を把握するのに助けになります。

ここで標高なんかも記録がとれると更に把握しやすくなります。

この3点を小まめに確認することで途中で進んでいる道が間違っていると気づいたり最悪進む方向が分からなくなってもリカバリしやすくなります。

注意してても万が一道に迷ってしまったら必ず元来たルートを戻るようにしましょう。

進んでいる方向の記録を見ればどちらに戻ればよいか大体わかるので元来た道を戻り正規の登山道まで戻りましょう。

無理に進んでもさらに迷ってしまったり崖などに当たり結局引き返さなければならなくなるためです。

滑落しないようにするためにはどうしたらいいの?

Hatena

道迷いに続いて多い遭難が滑落です。

登山中に滑落すると死に直結する可能性が高いため十分に注意したいところです。

岩登りの基本として3点支持があります。

そこを注意して登るようにしましょう。

3点支持とは両手両足の内動かすのは1つだけで他の手足はしっかりとホールドさせている状態で登ることです。

こうすることで動かしている手足だけに集中することができるためより安全に登ることができます。

また鎖場では鎖に頼らず補助として使うようにしましょう。

突然、鎖が切れたり他の登山者が体重を乗せた際に引っ張られたりしてバランスを崩す可能性があるためです。

なのでここでも基本は3点支持を使い、鎖は補助程度にして行くようにしましょう。

あと注意しないといけない点としては、常に注意を払って登山することです。

鎖場などの危険地帯では気が張るので慎重に行きますが何でもないようなところは注意を怠りがちです。

そういったところで木の根に足を取られて滑落や転倒をしてしまったり踏み外してしまうことが多くあります。

その為、常に注意をして登るようにしましょう。

登山での遭難対策やエマージェンシーにおすすめのアイテムをご紹介!

ここからは私が選んだおすすめの登山での遭難対策やエマージェンシーアイテムをご紹介です。

しっかりと準備をし万が一の場合に備えましょう!

画像が商品リンクとなっているため気になる商品があれば画像をクリックして見てみてください。

GARMIN(ガーミン)GPSmap64scJ Handy GPS

GARMIN(ガーミン)GPSmap64scJ Handy GPSです。

高度なGPSを搭載しており、すぐに自分の居る正確な位置を把握することが出来ます。

また高度や方角もすぐさま確認可能です。

IPX7の防水機能も付いているためアウトドアでも安心して使うことが出来ます。

GPSを使い道迷いを防ぎましょう!

高みへ大人の山岳部 登山とクライミングの知識と実践

高みへ大人の山岳部 登山とクライミングの知識と実践です。

登山からクライミングなど初心者の方にも分かりやすく解説がされている本です。

まずは実践する前に机上で学びイメージを掴んでから行くと上達が早くなります。

Ripen(ライペン アライテント) ビバークツェルト ソロ

Ripen(ライペン アライテント) ビバークツェルト ソロです。

万が一ビバークしないといけなくなった場合、テントがあれば安心ですが日帰り登山などで持ってない場合もあります。

そんな時に役に立つのがツェルトです。

簡易テントやポンチョのように被ることができ外気が直接当たるのを避けてくれます。

105gととても軽くコンパクトなため必ず持っていくようにしましょう。

ファーストエイドキット

ファーストエイドキットです。

切り傷や捻挫等に備えてファーストエイドキットを準備しましょう。

応急処置をすることで行動可能になることもあります。

念のため持っていくようにしましょう。

IIZUKA COMPANY(飯塚カンパニー)アスピラボ エクストラクター ポイズンリムーバー

IIZUKA COMPANY(飯塚カンパニー)アスピラボ エクストラクター ポイズンリムーバーです。

蜂などに刺された場合に針や毒を抜き取るアイテムです。

ただし完全に抜き取ることはできないため応急処置として考えましょう。

少しでも毒を抜くことで症状が悪くならないようにすることができるため出来れば持参した方がいいアイテムです。

Sponsored Link