今回は、テント泊登山でのランタンの必要性について解説していきます。

選び方やおすすめのランタンもご紹介しています。

必ず必要ではないがあると便利で使える!そんなアイテムです。

Sponsored Link


テント泊登山にランタンっている!?

結論から言うと、なくても問題ないがあると便利です。

私もテント泊を始めたての頃、テント内で過ごす時はヘッドライトを使っていました。

ですがヘッドライトですと光が集中してしまいテント内全体が明るくならないし地図なんかを見る時も直接光を当てると明るすぎるし離すとちょっと暗いし、と使い辛かったです。

そんな事がありLEDランタンを導入しました。

ランタンの方が光が拡散しテント内全体が明るくなるので、テント内で過ごしやすくなります。

あとヘッドライトは、いざと言う時のためにもあまり使用せず温存しておきたいと言うのもありテント内で過ごす時にはあまり使用したくありませんでした。

ランタンの種類について

ランタン種類

ランタンには複数の種類があります。

主に4種類あり、「LEDランタン」「ガスランタン」「ガソリンランタン」「キャンドルランタン」です。

LEDランタン以外は全て燃焼系のランタンのため火を使います。

登山のテント泊でランタンを使うのは、主に外ではなくテント内で使用します。

基本テント内では火器厳禁です。

そのため登山では、LEDランタンを使用するのがおすすめです。

LEDは高寿命で充電式の電池を使えば燃料(電池)を使い捨てないため4種類の中でも一番エコでもあります。

そして火を使わないため扱いが楽というのもポイントです。

LEDランタンの選び方について

私が登山のテント泊用にLEDランタンを選ぶ基準のご紹介です。

基本的に3つのポイントで選ぶようにしています。

  • 電池のサイズから選ぶ
  • ランタンの大きさと重量から選ぶ
  • 明るさと点灯時間から選ぶ

「電池のサイズから選ぶ」について

まずは電池のサイズから選ぶようにしています。

登山では必ず、予備の電池を持っていくのでなるべく電池が使いまわせれられる方が良いです。

電池を何種類も持っていくのは荷物が多くなるので私は、ヘッドライトと同じ電池サイズのものから選びます。

そうする事で予備電池を兼用することが可能です。

「ランタンの大きさと重量から選ぶ」について

あまりドデカいランタンを持っていっても嵩張るし重いです。

私が選ぶ目安としているのは掌に乗るサイズで重量が200g以下のLEDランタンです。

キャンプであれば大きくても良いですが、登山はザックに入れて自分で持っていかないといけないので自分の中の目安としています。

「明るさと点灯時間から選ぶ」について

最後は、明るさと点灯可能時間です。

まず明るさはルーメンという単位で表すことが出来ます。

2〜3人用の山岳テントであれば、明るさは100〜200ルーメンあれば十分です。

中で食事をしたり、地図を広げて次の目的地までの道も確認できます。

続いて点灯可能時間(フルの電池での点灯可能時間)です。

夏山で1泊のテント泊の場合、3時間くらいしか使いません。

私の場合、1泊か2泊が多いので6時間以上点灯可能な製品を選ぶようにしています。

Sponsored Link


私がおすすめするランタンをご紹介

ここからは、私がおすすめするLEDランタンをご紹介していきます。

テント内を快適に過ごすために1つはあると便利なアイテムですよ!!

画像又は各ショップアイコンから商品ページに飛ぶことが出来るため、気になる商品があれば画像又はショップアイコンをクリックして見てみてください。

UCO クラルス

UCO(ユーシーオー)のクラルスです。

私もこのLEDランタンをメインで使用しています。

光量は最大118ルーメンでハイ・ミディアム・ロービームの明るさがボタンで切り替えできます。

点灯可能時間は、ハイビームで5時間・ミディアムビームで15時間・ロービームで130時間です。

ミディアムでもそこそこ明るいので私はいつもミディアムで使っています。

電池は単4電池を3本使用します。

ucoランタン

スライドすると光を拡散するランタンになり、戻すと光を集中させれる事ができるので懐中電灯としても使用可能です。

またIPX6の防水性能を持っているので多少濡れても問題ありません。

コンパクトで104g(電池込み)と軽量、防水性まであるので登山におすすめです。

Black Diamond リモジ

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)のリモジです。

光量は100ルーメンで点灯時間はハイで10時間、ローで100時間です。

電池は、内蔵バッテリーになっておりUSBで充電します。

重さは122gでとても軽量、サイズも掌に乗るコンパクトデザインです。

アウトドアで使うのでもちろんIPX4の防水性能も付いています。

あといつ使うかはわかりませんがレインボーのひかる機能もあります。

丸くて可愛いデザインで機能も十分、おすすめのランタンです。

UCO スプラウト

UCO(ユーシーオー)のスプラウトです。

光量は100ルーメンで点灯時間はハイビームで5時間・ロービームで60時間です。

掌に乗る小型サイズで重さも104g(電池込み)とかなり軽量です。

電池は単4電池を3本使います。

磁石で脱着可能なストラップがついているのでテント内にぶら下げる事も出来ます。

防水性能はIPX4なので多少の濡れなら問題ありません。

〜登山関連記事〜
こちらの記事では、ソロテントについて紹介しています。
ソロテントの特徴や選び方についても書いています。
もし良かったらこちらも一緒にご覧ください。

Sponsored Link