山梨100名山 竜ヶ岳登山行ってきました!富士山は見れたのか!?【1月13日】

今回は相方と新年第二弾の登山に行ってきました!

目的は雪被る富士山を拝む事!!と言う訳で山梨100名山でもある竜ヶ岳に登り行きました。

ただ登山口に近付くにつれてガスに覆われていきます。。。富士山は見れるのでしょうか。。。

Sponsored Link


まずは竜ヶ岳をご紹介!

竜ヶ岳は標高1,485mで富士五湖のひとつである本栖湖の南側に位置する山です。

一番の見所は何と言っても富士山がすごく綺麗に見えるところです!

時期を合わせる必要がありますがダイヤモンド富士を見れるスポットとしても有名だったりします。

山梨百名山としても選ばれており登山者も多い山です。

登山口に向かいます

登山者駐車場
登山口はいくつかありますが今回は本栖湖キャンプ場からスタートです。

キャンプ場近くにかなりの台数が止めれる登山者用の駐車場があるのでそこに車を止めて支度をしました。

朝8時半くらいに到着しましたが10台くらいは車があり既に出発してるようでした。

ただ周りはガスガスでテンション低めのスタートとなりました。

〜登山ルート〜
本栖湖キャンプ場(スタート) → 石仏ルート → 竜ヶ岳 → 湖畔登山口 → 本栖湖キャンプ場(ゴール)

yama キャンプ場を進む


最初は本栖湖キャンプ場の中を進んで行きます。

初めての人でも分かりやすいように標識がいくつもあるので迷うことはないでしょう。

気温はマイナス1°Cなのでそんなに寒くはありませんでした。

積雪もなしのスタートです。

トイレ
駐車場から5分ほど進むとトイレがあります。

この先にはトイレはないため心配な方は寄っておきましょう。

とても綺麗なトイレでした。


この標識が出てきたら林道方向に進みます。

続いて車止めのポールを超えます。

yama 登山スタート!!

登山口
駐車場から12分程で登山口に到着です。

ここから登り開始です。

この辺りも地面は薄っすら白くなってはいますが積雪はなしです。


登り始めて30分程いくと積雪も増えてきました。

増えてきたといっても1~2cm程で新雪のため滑り止めは必要なしでした。

凍結もありませんでした。


50時間程登っていくとやっと景色が見えることろに到着♪

本栖湖が綺麗に見えます。

ただ相変わらず富士山方面はガスガスで全く見えません。


登り始めて1時間ちょいで見晴らし台に到着です。

ここには屋根付きの見晴らし台があるのでそこで小休止することに。

山頂付近を見上げるもガスの中です。

せっかく遠征してきたのに目的の富士山が見えなさそうでテンションが上がりません。

かと言って止まっててもしょうがないので先に進みます。

この辺りで積雪が2~3cmくらいになっていました。

Sponsored Link


yama 山頂手前で奇跡が!?


見晴らし台から登るにつれてガスが薄くなってきました。

そして更に進んでいくと。。。さっきまでのガスガスが嘘のように晴れてきました!!

やっと目的の富士山を拝むことができました。

ちょっと諦めかけていたので良かった~。


山頂直下の分岐まで来ました。

ここを直進して山頂に向かいます。

ここを超えれば10分程で竜ヶ岳の山頂に到着です。

yama 竜ヶ岳登頂!!


ジャーン!!竜ヶ岳登頂です。

山頂は開けており富士山がとっても綺麗に見えます。

反対には南アルプスも見えさっきまでのガスガスが嘘のようです。

諦めずに来てよかった~っと思った瞬間でした。

記念撮影のあと富士山を見ながらお茶をして下山開始しました。

yama 下山開始


分岐まで戻ります。

同じルートをいってもつまらないので帰りは別ルートで帰りました。

分岐で「湖畔登山口」方向に下山します。


こちらのルートは日が当たらないのか雪が多めでした。

少し急なので慎重に下ります。

こちらのルートもしっかりと整備されているので迷う心配はありませんでした。


下山開始から1時間ほどでゴールです。

道路に出たらスポーツセンター横目に本栖湖キャンプ場まで舗装路を10分ほど歩いて駐車場まで戻ります。

登り始めはガスが出ておりテンション低めでしたが日頃の行いが良かったのか!?最後は晴れてくれたので結果的に満足のいく山行になりました!!

竜ヶ岳は周辺道路が整備されておりアクセスがしやすく登山道も整備されているので迷う心配がないので比較的気軽に行けます(※ちゃんとした登山装備は必要です!)。

富士山が見たい方や雪山には行かないけど冬でもちょっとした山には登りたいっという方にはおすすめの山です。

Sponsored Link