夏山への登山・トレッキングの暑さ対策(熱中症対策)をご紹介!

今回は、暑い夏山への登山・トレッキングに行く際の暑さ対策をご紹介していきます。

これを怠り我慢を続けていると最悪、熱中症などになってしまい遭難に繋がってしまいます。

自分は大丈夫と過信せずしっかりと準備をして夏山を楽しみましょう!

登山・トレッキングでの暑さ対策は?

  • 行動する時間を変えてみる

夏山でも朝の早いうちはとても涼しく過ごしやすい気温です。

そのため日が昇ってきて明るくなって来たらすぐに行動することで昼間の暑い時間帯を主として行動することを避けることが出来ます。

そうすることで熱中症などになることのリスクを押さえることが出来ます。

  • 服装で調整する


服装を調整することでも暑さ対策は可能です。

まずは通気性・速乾性のあるウェアを選びましょう。

通気性が良いことで涼しく快適に過ごせ、速乾性が良いことで汗冷えなどで冷えすぎず快適に登山をすることが可能です。

また長袖のZIPシャツがおすすめです。

暑ければ胸のファスナを開け袖をまくり、寒ければファスナを閉めて袖を戻すことで簡単に微調節が可能だからです。

小物で調整する


【年内休まず出荷♪ 12/31 12:00まで♪】マムート ランボルトアドバンスド ハット 4531MAMMUT Runbold Advanced Hat (mmt_2018ss) 18ddscn

ツバがある帽子をかぶり日差しを直接浴びないようにしましょう。

直接日光を浴びないだけでだいぶ体感的にも違います。

紫外線対策にもなるため必ずやりましょう。


2枚セット クールタオル ひんやりタオル 冷却タオル メール便送料無料 熱中症対策に ネッククーラー アウトドア スポーツ 首 子供 熱中症 towel 節電 夏 冷たいタオル 冷えるタオル クールスカーフ スポーツ・レジャーの暑さ対策

クールタオルです。

水に浸すだけで何度でも使うことが出来ます。

首に巻くことでかなり体感温度が変わってきます。

お手軽なのでおすすめのアイテムです。

水分補給も重要です

登山では水分補給がとっても大事です。

喉が乾いてから飲むのでは遅すぎです。

なるべく喉が乾く前に小まめに水分を補給するようにしましょう。

そうすることで効率よく水分補給ができトイレの回数も減らすことが可能です。

暑さ対策としては凍らしたスポーツドリンクがおすすめです。

登山をしている途中で溶けてきて冷え冷えの水分を補給することが出来、体を内側から冷却することが出来ます。

ただし冷えすぎると体がどっと疲れてダルくなってしまうためあまり多くは飲まないようにしましょう。

Sponsored Link