ネックゲイターをご紹介!夏山登山でもあるととっても便利です!

今回は、ネックゲイターをご紹介していきます!

冬山だけでなく夏山でもあるととっても便利!軽いものなので1個ザックに忍ばせときましょう。

Sponsored Link


夏山でもネックゲイターは必要?

夏山でもネックゲイターはあるととっても便利です。

ただし冬山のように分厚い物は必要なく薄手の物で十分です。

低山の場合はあまり必要ないかもしれませんが北アルプスのような高山に行く場合は持っているとより快適に登山が出来ます。

晴れているときにはあまり問題になりませんがガスが出ていて風が吹いているときなんかはアウターを着ていても首元から風が入ってきて体が冷えてしまう時があります。

そんな時にネックゲイターがあれば風から首元を守ってくれるため体温の低下を防いでくれます。

また風が強いと砂埃が舞い上がります。

そんな時もゲイターを持っていると砂埃から喉を守ってくれます。

無くても登山することはできますが有るとより快適に登山できるようになります。

そんなに重たいものでも高い物でもないため1つは持っておくと便利です。

夏山用に薄手の物を揃えてみてはどうでしょうか!

Sponsored Link


おすすめのネックゲイターをご紹介!

ここからは私が選んだアウトドアブランドのネックゲイターをご紹介です。

夏用は保温が目的ではないので薄くて軽いものがおすすめです!

画像が商品リンクとなっているため気になる商品があれば画像をクリックして見てみてください。

Norrona(ノローナ)マイクロファイバーネック


ノローナ /29 マイクロファイバーネック Norrona /29 microfiber Neck ネックウォーマー ネックゲイター ヘッドバンド バラクラバ UV 紫外線対策 <2018 春夏>

Norrona(ノローナ)マイクロファイバーネックです。

40gととても軽量で通気性に優ています。

伸縮性もあり口元を覆うことも可能です。

登山だけでなく色々なアクティビティにも使うことができます。

MAMMUT(マムート)Neck Gaiter


マムート ネック ゲイター あす楽対応 MAMMUT Neck Gaiter 1191-05811-50007 imperial-dark imperial

MAMMUT(マムート)Neck Gaiterです。

重量が36gととても軽く着け心地が良いのが特徴です。

伸縮性のある生地が使われています。

通気性も良く夏での使用に適しています。

PATAGONIA(パタゴニア)サン マスク


(パタゴニア PATAGONIA ) 28736<Sun Mask サン マスク>帽子、ヘッドバンド、ネックゲイター、リストバンドとしても使用可能

PATAGONIA(パタゴニア)サン マスクです。

51gととても軽く、吸湿速乾性が高いのが特徴です。

そのため汗をかいても吸ってくれ直ぐに乾くので汗冷え対策にもなります。

UPF50+のUVプロテクション機能も持っており紫外線から首元を守ってくれます。

また防臭性能やフィット感が良くとても快適に使用できるアイテムです。

mont-bell(モンベル)シャミース アジャスタブル ネックゲーター


(mont-bell)モンベル シャミース アジャスタブル ネックゲーター ターコイズ

mont-bell(モンベル)シャミース アジャスタブル ネックゲーターです。

とても軽量でシンプルなネックゲイターです。

口元まで覆った時に、鼻が当たる部分に樹脂製の芯が入っているためずれ落ちにくくなっています。

またフィット感を調整できる機能も付いています。

Smartwool(スマートウール)メリノ150ネックゲイター


スマートウール メリノ150ネックゲイター Smartwool Merino 150 Neck Gaiter メンズ レディース ネックウォーマー ゲイター 防寒 防風 保湿 アウトドア タウンユース デイリー <2018 春夏>

Smartwool(スマートウール)メリノ150ネックゲイターです。

メリノウールが使われており肌触りがとても良いのが特徴です。

そのため吸汗性がとても良いです。

重量は30gと軽量ながらも耐久性は高めで丈夫です。

Sponsored Link