春山、雪山登山の初心者向け装備の選び方!これから始める方必見です!

これから雪山・春山(雪有り)登山を始める方向けにどんな装備を揃えていったら良いのかご紹介していきます。

山道具(特に雪山装備)はとても高いので一気に揃えるのは正直キツイかと思います。

私も、一気に揃えるのはキツかったので少しずつ集めていきました。

私もそうだったのですが初心者の方は、どんな装備から集めていけば分からないと思います。

なのでこの記事でご紹介していきます。

Sponsored Link


どんな装備をまずは揃えれば良いの?

出来れば全て雪山対応の装備を揃えるのがベストなのですが全部集めるとかなり高額になってしまいます。

夏山でも使っている装備でも兼用できる物もあるため雪山・春山登山に必須の装備をご紹介していきます。

・登山靴

まず揃えたいアイテムとして登山靴があります。

出来れば雪山専用の登山靴が良いです。

雪山専用の冬季登山靴には、保温材が入っていたりアイゼンが装着できるようにソールが硬く、コバがついています。

基本は雪の中をずっと歩くため雪の冷たさが伝わりづらくなっています。

予算は3万から7万くらいの間で購入可能です。

詳細な冬季登山靴の選び方については「雪山登山におすすめの登山靴紹介と靴の選び方について」こちらで紹介していますので一緒にご覧ください。


[スポルティバ]ネパール エボ GTX 280/LASPORTIVA NEPAL EVO GTX 280雪山登山 厳冬期アルパインブーツ[男性用]

雪山登山靴としては定番の登山靴です。

保温材、浸透性も十分にあり10本爪以上のアイゼンも装着可能となっています。

私も愛用していますが厚手の靴下と組み合わせることで厳冬期の登山でも寒さをあまり感じることなく使うことが出来ています。使いやすさも抜群に良いですよ!

・アイゼン

次に揃えたいアイテムとしてアイゼンがあります。

軽アイゼンは歯が丸く雪面に刺さりづらく安定しないので10本爪以上アイゼンをおすすめします。

素材にはステンレスやクロモリ製など種類がありますがおすすめはクロモリ製の物です。

重いですが振り子のように軽い力で雪面を刺すことができ安定します。

ただ春山しか行かないという方にはステンレスの方が軽いためオススメできます。


PETZL(ペツル) バサック/LEVERLOCK UNIVERSEL T05ALLUトレッキング 登山 アウトドア アイゼン 一般縦走用アイゼン アウトドアギア

セミワンタッチ式のアイゼンです。

裏にコバがついていれば付けることができます。

前の裏もベルト式のものより安定して付けて歩けることが出来ます。

・ピッケル

滑落の危険性が出てくる山に行く場合はピッケルが必要となってきます。

例えば天狗岳や木曽駒ケ岳、赤岳などです。

ただし正しく使うには訓練が必要なため講習会や経験者の方に教わってから使うようにしましょう。


【送料無料】グリベル GRIVEL エアーテックエヴォリューションT品番:GV-PIATE【バレンタイン特集 当店ポイント10倍!2018/02/11 10:00〜02/13 09:59】

長さが数種類ありますが手に持った際に石鎚がくるぶしの辺りに来るくらいの長さを選ぶのがベストです。

シャフトが少しカーブしているものは多少のクライミング用途にも使うことが出来ます。

Sponsored Link


・防寒着(ウェア)

雪山では、夏よりもレイヤリングが重要になってきます。

肌に近い順からベースレイヤ、ミッドレイヤ、ミドルレイヤ、アウターシェルとなっており全て重要になってきます。


ファイントラック アンダーウェア メンズ/男性用 FUM0412 スキンメッシュT 半袖Tシャツ ドライレイヤー トレッキング

雪山では風が強く体が冷えやすいので汗をかいても直ぐに肌をドライにする必要があります。

そのため肌に一番近いベースレイヤが重要になってきます。

これは夏用のものと兼用で大丈夫でしょう。

ベースレイヤーの予算は5千円から8千円くらいです。


ミレー エイラ ポリプロピレン ジップ LS (メンズ) BLACK-NOIR [ MIV01318-0247 ][Men’s][男性用]

次にミッドレイヤーです。

ベースレイヤーから排出された汗を吸収する必要があるためなるべく密着するサイズ・タイプのものが良いです。

また速乾性となっているものを選びましょう。

これは夏用のものと兼用で大丈夫でしょう。

ミッドレイヤーの予算は8千円〜1万円くらいです。


アークテリクス-ARCTERYX アトムLTフーディ男性用20%OFF

次は、ミドルウェアです。

保温性、浸透性、伸縮性があり動きやすいものを選びましょう。

またダウンは、汗などで濡れると保温性が落ちてしまうためミドルウェアとしては使わずなるべくフリースや化繊・インサレーションのものを使いましょう。

夏でアウターとして使っているものがあればそれでも兼用できます。

ミドルウェアの予算は2万〜3万くらいです。


2016 ARC’TERYX アークテリクス ジャケット BETA SV JACKET BLACK

最後にアウターシェルです。

厳冬期の中、高山で使うのであればハードシェルを選びましょう。

厳冬期の中、春山までしか使わないのであればレインウェアでも兼用が可能です。

ただしレインウェアは生地が薄いためそれでも寒い場合は、下のレイヤーで調整が必要になってきます。

ハードシェルの予算4万〜7万くらいです。

その他防寒具の小物については「雪山装備!あると便利な小物装備のおすすめ」こちらで紹介しています。
一緒にご覧ください。

・グローブ

これは夏に使っているものでは兼用することが出来ないため新しく揃える必要があります。

風があまり吹かない森林限界より下で使うものと風が強い森林限界より上で使うものとで分けることをおすすめします。

また濡れや紛失に備えて予備の携帯も必須となってきます。

詳細な雪山グローブの選び方については「雪山登山用グローブのおすすめをご紹介!」こちらで紹介していますので一緒にご覧ください。

予算は8千円から2万円くらいです。


マムート MAMMUT ストーニーグローブ Stoney Glove black 1090-04350 メンズ レディース

保温材が入っており防水機能があるものを選びましょう。

また暖かいから良いということはなく余りにもモコモコ過ぎて操作性が落ちては使い辛くなってしまいます。

そのため用途に応じて使い分けるようにしましょう。

例えば行動中に使うメインの物は少し薄手の操作性重視のものにして休憩時に使うものは暖かさ重視のミトンタイプにするなどです。

以上が必須、あった方が良い装備のご紹介です。

装備を揃えて雪山に行きましょう!最高の景色が待っていますよ!

Sponsored Link