誰でもできちゃう!アイゼンの簡易カスタマイズとメンテナンスについて!

今回は、誰でもできるアイゼンを使いやすくするための簡易カスタマイズとメンテナンスについてです。

まずは私が使用しているアイゼンですが「ペツル バサックレバーロック」を使用しています。

簡易カスタマイズについて

最初にこのアイゼンの簡易カスタマイズのご紹介です。

すごい簡単で、使いやすくなるので皆さんも良かったら試してみてください。

まずは靴のサイズに合わせてベルトを切断します。

この時、アイゼンを固定しその後に末端を縛れるくらいの長さでベルトを調整してください。

ベルトは斜めに切ると先が細くなり縛ったりする際に操作しやすくなります。

ベルトの先を斜めに切ったら先っぽから2〜3cmを瞬間接着剤を裏表に着けます。

そして固まるまで数分待って作業完了!とても簡単ですね!

アイゼンカスタム

ベルトの先っぽ

上の画像のように切断し先を固めることでグローブを着けている時の操作性が良くなります。

ベルトの先っぽがくねくねしてしまいアイゼンを固定する時に苦労しますがこれをすることでやり易くなります。

基本、雪山ではグローブは外さないので操作性アップは重要ですね!そしてベルトを切ることで踏んだりすることを防止します。

もちろんワカンもベルトを使うため同じようにすることで操作性がアップします!

Sponsored Link


アイゼンのメンテナンスについて

アイゼン

アイゼンの刃先


使っていくうちにだんだんと刃先が丸まってしまいます。

これでは、硬い雪面や氷にアイゼンが効かなくなってしまいます。

そのため刃先が丸くなる前にメンテナンスをしましょう。

これもすごい簡単です。

まずは丸くなってしまった刃先ですがヤスリで削り尖らせます。

あまりやりすぎると直ぐに短くなってしまうのでほどほどにしましょうw

刃先を研いだら次は錆止めです。

ただ錆止めは塗っても一回の山行で取れてしまうため買うのがなんかもったいないです。

なので私は、錆止めの代わりに黒の油性ペンを使ってます。

とても塗りやすいですしお値段も安いのでオススメです!

ただし素材がステンレスの場合は錆びないのでいらないかな?クロモリ鋼の場合は錆びてしまうのでやりましょう!

以上が簡易カスタマイズとメンテナンスのご紹介でした!

道具は定期的にメンテナンスをしないといざという時に使えなかったりします。

なので出来れば山行が終わって帰ってきたらメンテナンスしてあげましょう!

そうすることで道具も長持ちしますよ♪

Sponsored Link