雪山装備に必須!?アウトドアリサーチ クロコゲイター(OUTDOOR RESEARCH)

ゲイター

ゲイター


アウトドアリサーチのクロコゲイターです。

靴の中に雪が入り込まないようにするために、雪山ではほぼ必須のアイテムです。

また足の保温、風よけにも多少は効果がありそうです。

人気の登山道であればあまり必要となることがないかもしれませんが雪が降った直後などでラッセルをする必要がある際は必要となってきます。

使い方は、とても簡単です。

全面のベリクロを剥がして足に巻き付け、靴紐にフックをかけるだけの簡単操作で装着可能です。

難点としては、しっかりと靴が覆われてしまうため靴紐がほどけてしまうと一度、外さないといけない点くらいです。

まぁしっかりと縛っておけばよいのですがw

ゲイターにはベリクロタイプとファスナータイプとがありますがファスナータイプだと凍り付いてしまい開けなくなることもあるためベリクロタイプをおすすめします。

装着に関してですがアウターパンツの上に着けるのか下に着けるのか2パターンあります。

アウターパンツの上に着ければアウターパンツが汚れない、脱着しやすいなどがありますが雪があまり深いと上から中に雪が入ってくる可能性があります。

下に着けた場合は、雪が入ってこないけど脱着がしずらいくアウターパンツも汚れやすいといった特徴があります。

まぁこれは好みの問題ですねw ちなみに私は脱着のしやすさから前者のアウターの上からつけるようにしています。

Sponsored Link


内側はこんな感じ

ゲイター

ゲイター内側


ゲイターの内側です。

上のほうは一枚の少し薄めの素材が使われていますが下のほうは厚めの素材が使われています。

このことによりアイゼンの歯が当たっても破れにくくなっています。

細かいところまでこだわって作られているゲイターだと思います。

素材はゴアテックスが使われているため防水で内側からの汗を外側に浸透してくれます。

装着するとこんな感じ

ゲイター装着

ゲイター装着


ネパールエボと合わせて装着してみた感じです。

しっかりと足元からふくらはぎ辺りまで覆われているので雪の侵入を防ぐことができます。

また泥汚れからもズボンを守ってくれます。

足が細めな私ですが全面のベリクロ部分がとても丈夫なためしっかりと立ってくれるため上部であまり締め付けなくてもちゃんと装着できます。

写真にあるように足を入れてなくても立ってくれます。

そのため、途中で下がってくることも今までありません。

なので安心して登山することができます。

生地がしっかりしており丈夫で、尚且つ装着しやすいのでおすすめのゲイターです。

Sponsored Link