雪山登山に必須!?サーモス 山専ボトル

サーモスの山専ボトルの500mlタイプです。

通常の水筒と比べ保温性能がよく6時間後でも77°Cをキープするという保温力を持った山専ボトルです。

暖かいものだけでなく保冷効果も十分にあり一年中便利に使えるボトルだと思います。

日帰り登山の場合、登山口で100°Cのお湯を入れて登っても山頂ではカップラーメンが美味しく作れる温度に保たれています。

私の場合は、主に秋から冬にかけて持っていき休憩時に冷えてしまう体を温めるために使用しています。

お茶や紅茶などを入れて飲んでますがとってもあったまります。

特に顔が冷え切っている時に飲むだけで幸せになれますw

Sponsored Link


山専ボトルの扱いやすさに関しては!?

扱いやすさに関しては、グローブをはめたままでも扱いやすいよう黄色いバンドがついており滑りにくくなってます。

また蓋も滑りにくい構造になっているため落としてしまうこともないでしょう。

標準ではボトルの底にもゴム製のカバーが付いていますが私の場合、ザックから取り出すときにゴムで滑りづらく取り出す際に引っかかってしまうため底のカバーは外して使用しています。

このように登山する時のことを考えて作られているため山ではとても使いやすいです。

是非一度、普通の水筒と比べて見てください!戻れなくなるかも!?

飲み口はどうなっているのか!?

サーモス山専ボトル

サーモス山専ボトル


プッシュタイプではなく凍っても開けやすいようにネジ切りタイプの開け口となっています。

ただ今まで-15°Cなどの寒い環境でも使用していますが凍ったことはなくスムーズに開けれています。

その時、ペットボトルに入った飲料はシャーベット状に凍っていましたが。。。w

少ない力でクルクルと簡単に開けられるのは良いですね。

温まりたい時に、いつでも温まるものが飲めるのは良いです。

軽量で保温力もありさすが山専として売っているだけのことはあります。
特に秋冬登山にオススメの水筒です。山頂でもあったまれますよ〜ホカホカ

Sponsored Link