YAMAHA RTX1200のコマンド 備考録

仕事でたまにYAMAHAルータを触るので練習用にRTX1200を買ってみました。
RTX1200はRTX1100の後継機種ですが中身は全然違います。
RTX1100の頃はほとんどの設定がコマンドのみの設定となっていましたがRTX1200からはウィザードをはじめあらかたGUIで設定ができるようになっています。
この後継機種であるRTX1210も同様です。
ただし細かくインタフェースを切ったりVLANごとにフィルターを切るような操作はコマンドでした対応していません。

忘れやすいので初期設定等でよく使うコマンドを備考録として記載します。

【初期化】
# cold start

【名前を付ける】
# console prompt XXX
※Telnet等で複数拠点に同時に繋ぐ際に今どこの拠点に繋いでいるか分かりやすくするために使用

【ログイン時間延長】
# login timer XXX
※デフォルトで300秒で操作がなければ自動ログアウトしてしまうためいつもは900秒に設定

【ログインパスワード(暗号化)】
# login password encrypted
※暗号化してパスワードを保存

【adoministratorパスワード(暗号化)】
# administrator password encrypted
※暗号化してパスワードを保存

【セキュリティクラスの設定】
# security class 1 off off off
※最初の「1」は遠隔地からでも設定変更可能にするコマンド
 次の「off」はパスワードを忘れた際に使えるマスターパスワードの使用可否
 次の「off」はtelnetクライアントとして動作できるかの設定
 次の「off」はSSHクライアントとして動作できるかの設定

初期でほぼ必ず使うコマンドはこんなもんです。
あとはプロバイダを設定したりIP設定したりフィルタ設定したりしてConfigを作成していきます。
Ciscoも触る機会がありますがやっぱりYAMAHAを触る機会が一番おおいのでこのコマンド体形が僕には一番しっくりくる感じです。
ただYAMAHAのスイッチはCiscoライクなコマンド体形になっています。
そのうちL3も出すって話でしたがまだ出ないなぁ~

Sponsored Link